久しぶりに見ることができた

高齢者ドライバーによる交通事故は、被害者・加害者共に悲劇。
自家用車による移動は、生活の中で重要な位置を占めており、運転をしなければその時から生活に支障が生じてしまう。都市部であれば、公共の交通機関だけでどこに行くにしても不便はないのだろうが、地方は難しいものである。
交通事故を減らすための解決策は単純なものではなく、いろいろな方面の知恵と動きが必要と考えられる。

姶良市内病院の地域医療連携室より隣街病院への依頼を承りました。

病棟から外へ出ると冷たい風が体へ…
いつもながら早い時間の出発となると裏側の駐車場前には出入り業者のトラックが停車。
リフトも下ろしたままで、5分10分で戻ってくればいいが戻ってくる気配なしである。
まだ、駐車スペースに止めてもらった方が良いのだが。

稲刈りが終わった田んぼの中を進み、お客さまの正面に桜島が見えたときに”雲がちょっぺんに掛かっているが、久しぶりに見ることができた”と喜んでいらっしゃいました。
いつもハンドルを握りながら眺めている景色も環境が変わると久しぶりに目にするものは気持ちを高めてくれるんですね。
これから始る療養とリハビリ。早くご自宅で過ごすことができるようになっていただきたいと思います。

カレンダーも残り1枚となりました。
施設・病院からご自宅までの一時帰宅の問い合わせを頂いております。
ただいま年末年始の一時帰宅のご予約を受付中です。080-2783-1378
不安に感じていらっしゃる場合でも前持って現地確認などで”できる一時帰宅”や”外出”をご提案致します。

┼───────────────────────────────────────
空(鹿児島空港)の玄関口の近隣に位置する
 こぶしケアサービス | 福祉タクシー 外出支援
  お気軽にお問い合わせ下さい。
予約/問合せは、080-2783-1378
受付時間7:00-19:00
・ミニバンスロープタイプ 車いす2台、付添い2名さま乗車可能
・長距離移動も快適にご利用できます
┼───────────────────────────────────────

関連記事

  1. 熊本市内への転院搬送
  2. これから要介護認定の申請を行う 大正生まれ
  3. 入室するために体温測定は必須
  4. 料理に目覚めたのでしょうか
  5. 昔いっしょにお仕事をした方と
  6. はじめての看護師さん付添い
  7. ”応急手当普及員”講習会に参加してきました
  8. 通り抜けは危険です。

 

鹿児島県地域医療・福祉情報サイト 地域医療情報データベース せごどん

 

鹿児島医療福祉搬送協会


最近の記事

PAGE TOP