やっと振込はされたのだけど… お金のトラブル

今回で最後になります、お金に関するネタであります。
最初の文書から1年半。(和解書 平成23年12月23日)
次にでてきたのは覚書 平成25年6月25日である。

まだ解決していないの?と言われそうであります。
不明金 87万3,738円 ← 記載間違え!
前回文書の平成23年12月23日より1,000円増えています。

当社より立替え返済させていただきます。」とあるので
元職員はお金の準備ができなかったのか?そのまま逃げたのか?

ここまで時間稼ぎをする施設も施設だ。
本人、身元引受人の心はボロボロでなないだろうか。
本当にお金は戻ってくるのだろうか。

“平成25年8月31日迄に”と覚書にあるが、期日までに入金はない。
下記、画像を見ていただければわかると思うが、平成25年9月3日(火)に入金の記録がある。
8月31日はちょうど土曜日である。送金ができないことが分かっているのだから前日までに処理をするのが当たり前だと思うのだが…
さらに、口座に入金された金額は、87万2,213円である。
たしか不明金 87万2,738円その差額は525円なり。
なぜなのか?考えると、なんと振込手数料を差し引いているのだ。

 
時間稼ぎをしている上に、振込手数料は受け取り側負担なのか!
本人・身元引受人側からすると1年8カ月分の利子を加算してほしいぐらいだ。
失礼ながら、ここまで来ると笑ってしまう。

時間は経ったが…
・何人の利用者さんが被害にあったのだろうか?
・声を上げられない利用者さんがいたのではないか?
・この事案後、事業者はどう改善をしていったのだろうか?
いろいろ考えてしまいます。

今回、身元引受人から話しを伺うことができ資料と通帳を見せていただいた。
読んでいただいた皆さんには、このような事が無いことを願うばかりであります。

この後、身元引受人は自身の健康を理由に別の親族へ交代。
もちろん本人は別の施設へ移動することになった。

ちなみに、この問題事業者の管理者は一般社団法人で成年後見事業を行っている理事を務めているのであった。

┼───────────────────────────────────────
空(鹿児島空港)の玄関口の近隣に位置する
 こぶしケアサービス | 福祉タクシー 外出支援
  お気軽にお問い合わせ下さい。
予約/問合せは、080-2783-1378
受付時間7:00-19:00
・ミニバンスロープタイプ 車いす2台、付添い2名さま乗車可能
・長距離移動も快適にご利用できます
┼───────────────────────────────────────

関連記事

  1. 主治医の意見書が必要なんです
  2. はじめての看護師さん付添い
  3. お互い手の温もりを感じる
  4. ご家族との一時外出
  5. カーナビで設定すると、途中から徒歩になります
  6. ご自宅から賑やかな声が聞こえます
  7. 声のボリュームを調整しましょう
  8. 筆談でコミュニケーションは大丈夫

 

鹿児島県地域医療・福祉情報サイト 地域医療情報データベース せごどん

 

鹿児島医療福祉搬送協会


最近の記事

PAGE TOP