預けていいものか?お金のトラブル

以前、Facebookでちらっとお知らせしたお金に関するネタであります。
この和解書は施設と元職員の間で交わされた文書である。
ちなみに作成されたのは平成23年12月23日
できればこの日付を覚えていただければと思う。

平成22年1月より甲の介護施設、利用者である…とあるが正しくは平成22年8月よりである。
なので1年と5ヶ月の期間、計87万2,738円を引き出していることになる。

身元引受人は遠く離れた隣県に住まいで当時、通帳及びキャッシュカードは施設側へ預けていた。
もちろんパスワードも伝えている。
身元引受人が信頼して預けていたのだが、このようなことが起こるとは思いもしなかったことだろう。

元職員も他人のお金に手を付けるなんてこの世界に入る時には考えたことも無かっただろうし…

介護に携わる方々の給料が低いのは皆が知っていることである。
今から10年ほど前は処遇なんて考えはなかったが、現在は“処遇改善加算”なるものがあり少しは手元が増えたのではないだろうか。
ただ、事業者の考え一つであり変化無しの方もいらっしゃるのも現実。
だが給料が安いから人のお金に手を付けていいものではない。

元職員の代理人として司法書士が最後にサインと捺印がある。
このレベルで代理人が付くことは、おわかりであろうが他の利用者さんも同じことが起きていることを示しているのではないかと推測される。

これまで、一生懸命働いてきた人のお金に手を付けるのは許せることではありません。
さらに職員を預かっている事業者の管理責任はもっと重いと思う。

次へ続く…

┼───────────────────────────────────────
空(鹿児島空港)の玄関口の近隣に位置する
 こぶしケアサービス | 福祉タクシー 外出支援
  お気軽にお問い合わせ下さい。
予約/問合せは、080-2783-1378
受付時間7:00-19:00
・ミニバンスロープタイプ 車いす2台、付添い2名さま乗車可能
・長距離移動も快適にご利用できます
┼───────────────────────────────────────

関連記事

  1. 折れるのもの時間の問題か
  2. 右にまわして、左にまわして
  3. 入院前の生活は出前が中心だったのだろうか
  4. 旅は最高のリハビリ!
  5. 長い時間でも集中力切らさず
  6. 入院当日に、ここへは2ヵ月しか入院できませんので…
  7. 息子さんが母親の”手を握り”ながらの転院搬送
  8. いつでも綺麗にいたい気持ち

 

鹿児島県地域医療・福祉情報サイト 地域医療情報データベース せごどん

 

鹿児島医療福祉搬送協会


最近の記事

PAGE TOP