2日前に戻ったのに

体調が悪く2カ月ほど入院生活をされていたお客さま。
主治医のOKを貰い、元の生活(有料老人ホーム)へ戻ったばかりであった。

生活環境が変わり、とまどいがあったのだろうか?
退院後の2日目、深夜にベッドがら起き車いすへ移ろうとした時に転倒した模様。

連絡をもらいストレッチャーを準備し伺うと、右大腿部の痛みが強く、大きな声が部屋の外まで響くのだ。
出来るだけ体に負担のないように移乗し車の中へ。
車内では、落ち着いたようで目を閉じゆっくりした呼吸。

レントゲン、MRIをし結果、入院となった。
前回は打撲レベルで済んだが、今回は右大腿部骨折の診断。

せっかく退院したのだが、再び入院生活へ…
退院できご家族も喜んでいたのに、残念な方向へとなってしまった。

「ここの食事が美味しいんだ!また食べれる。」と2日前の退院時にお客さまが車の中で口にされたのを思い出すと、我々も辛いものです。

転倒は、年齢には関係ありません。
みなさんも気を付けましょうね(^^ゞ

┼───────────────────────────────────────
空(鹿児島空港)の玄関口の近隣に位置する
 こぶしケアサービス | 福祉タクシー 外出支援
  お気軽にお問い合わせ下さい。
予約/問合せは、080-2783-1378
受付時間7:00-19:00
・ミニバンスロープタイプ 車いす2台、付添い2名さま乗車可能
・長距離移動も快適にご利用できます
┼───────────────────────────────────────

関連記事

  1. どこからともなく姿を現す
  2. 解析してみました
  3. お迎えに行ったが!
  4. 本当に必要な方々へ行き渡るといいです
  5. 転院の前日に自宅へ戻る
  6. 急激に増えたインフル患者さん
  7. 遠くの空には黒い雲
  8. 2017年 新年のごあいさつ

 

鹿児島県地域医療・福祉情報サイト 地域医療情報データベース せごどん

 

鹿児島医療福祉搬送協会


最近の記事

PAGE TOP