そろそろ、義足を考えるころのようです

一時外出や通院でご利用いただいているお客さま。
今回は、4か月に一度の通院を承りました。

住んでいる構造的な問題もあるのですが一人で外に出れないのです。
写真のように長~いスロープを準備し外出となります。
週に3回のディサービスも同様。

約一時間の移動中に日々の事をいろいろお話しされます。
先日、主治医から「体調的にも問題ないのでそろそろ、義足を作って歩行訓練をしましょうか?」と
話しがあったようだ。

だが以前入院していた病院で義足を作りリハビリをしたが途中挫折。
つらい思いしかないようで、今回はどうなるかな~と不安を隠せない状態。
そんでも外に出れる時間が増える事を考えるとリハビリを頑張らなければと考えているんだと。

「天気のいい日は、隣の公園で日向ぼっこをしながらいっぷくしたいもんだ!」
口癖のお客さま、実現できればいいですね!

施設・病院からご自宅までの一時帰宅や外出の問い合わせを頂いております。
不安に感じていらっしゃる場合でも前持って現地確認などで”できる一時帰宅”や”外出”をご提案致します。

┼───────────────────────────────────────
空(鹿児島空港)の玄関口の近隣に位置する
 こぶしケアサービス | 福祉タクシー 外出支援
  お気軽にお問い合わせ下さい。
予約/問合せは、080-2783-1378
受付時間7:00-19:00
・ミニバンスロープタイプ 車いす2台、付添い2名さま乗車可能
・長距離移動も快適にご利用できます
・ストレッチャーでの搬送可能です!
  寝具類は感染の関係上、布団等は準備しておりません
  掛け物などお客さまにおいて準備をお願い致します
  ストレッチャーの敷きシーツは使い捨てタイプのものを使用
┼───────────────────────────────────────

関連記事

  1. 部屋から見える公園にひとりで行きたいが
  2. 目的地が近くても必要であれば伺います
  3. 入院前の生活は出前が中心だったのだろうか
  4. お腹がすきました!
  5. 外での食事はいいもんです
  6. 遠くの空には黒い雲
  7. どうしても気になるんです
  8. 近くの病院へ行きたいのですが、いいでしょうか

 

鹿児島県地域医療・福祉情報サイト 地域医療情報データベース せごどん

 

鹿児島医療福祉搬送協会


最近の記事

PAGE TOP