料理に目覚めたのでしょうか

4週に一度の通院でご利用いただいているお客さま。
この寒さで、お迎えに伺う布団のなかから返事が聞こえます。

エアコンがあるのですが、スイッチを入れることを拒んで部屋の中は冷え冷え状態。
「外は寒いから上着を着ましょう~」と促すのですが…
ほとんど断るパターンが多いです。
身の回りを準備し早く暖かい車の中へご案内。

担当ケアマネさんから聞いた話しで、
片麻痺があり転倒しケガをしないか心配している中、時間を見て自身で買い物(お惣菜やカップ麺など)に出かけ外に出かけられると。
部屋の中でも転倒リスクがある状態なのですがね。

毎日、給食サービスを受けられているが、月に数回お米を炊いているようだ。
量が足りないのだろうか?それとも冷めたご飯が嫌なのか?

それがパワーアップした?ようで…
最近は食材を購入しヘルパーさんに調理をお願いしているとのこと。
ヘルパーさんも突然の依頼に大変だと思うのです。

病院から帰り精算・挨拶をし失礼しようと思ったら
「ちょっと、ちょっと…」

目の前に、玉ねぎ・なす・カレー
他の材料は冷蔵庫の中にあるかな?
ヘルパーさん次は”カレーライスを作って”のようですよ!

┼───────────────────────────────────────
空(鹿児島空港)の玄関口の近隣に位置する
 こぶしケアサービス | 福祉タクシー 外出支援
  お気軽にお問い合わせ下さい。
予約/問合せは、080-2783-1378
受付時間7:00-19:00
・ミニバンスロープタイプ 車いす2台、付添い2名さま乗車可能
・長距離移動も快適にご利用できます
┼───────────────────────────────────────

関連記事

  1. 県外に住む 息子さんから母親の搬送依頼
  2. 明け方、室内で転倒しちゃって…
  3. 顔を合わす機会が少なくなります
  4. ながい一日
  5. 梅の香りがいっぱい
  6. 見えないところで、お客さまは見ている
  7. お迎えに行ったが!
  8. はじめての看護師さん付添い

 

鹿児島県地域医療・福祉情報サイト 地域医療情報データベース せごどん

 

鹿児島医療福祉搬送協会


最近の記事

PAGE TOP