桜島が見える病室からの退院です

在宅から一時外出や通院でご利用いただくご本人より依頼を承りました。
「息子がやっと退院するの。長くお世話になった病院の方々にもお礼を言いたいの」と

入退院を繰り返し、元の施設へ戻られるのです。
車いすのご本人さまを対象病室へ
しかしベッドの上は空っぽ。
最後のリハビリに向かわれたようだ。
しばらく待っても…姿は現れず。
スタッフさんが着替えを取りに「今からお風呂に入りますので」
こちらは待つのみ。

”きんごきんご”になった息子さんやっとお部屋へ。
ご家族とお会いになり笑顔が止まりません。
荷物の整理をし施設の職員の方も見え退院となった。

大正生まれのお客さま、目の前にいるスタッフお一人お一人に車いすから
「ありがとうございました!」と声を掛けていらっしゃいました。

施設・病院からご自宅までの一時帰宅や外出の問い合わせを頂いております。
不安に感じていらっしゃる場合でも前持って現地確認などで”できる一時帰宅”や”外出”をご提案致します。

┼───────────────────────────────────────
空(鹿児島空港)の玄関口の近隣に位置する
 こぶしケアサービス | 福祉タクシー 外出支援
  お気軽にお問い合わせ下さい。
予約/問合せは、080-2783-1378
受付時間7:00-19:00
・ミニバンスロープタイプ 車いす2台、付添い2名さま乗車可能
・長距離移動も快適にご利用できます
┼───────────────────────────────────────

関連記事

  1. ご家族の慌てぶり
  2. 筆談でコミュニケーションは大丈夫
  3. 地域の課題について 食べることは生きること その2
  4. 遠いお迎えのお仕事も多くなりました
  5. どこに出向いても渋滞
  6. 多くのご家族と一緒にお墓参りです
  7. ご家族といっしょに過ごす時間を大切に
  8. 本当に必要な方々へ行き渡るといいです

 

鹿児島県地域医療・福祉情報サイト 地域医療情報データベース せごどん

 

鹿児島医療福祉搬送協会


最近の記事

PAGE TOP