不安を抱え生活をするのもいかがなものか

県外にお住まいのご家族より連絡をいただきました。
お一人で生活をされている母親が昨夜めまいと頭部に違和感がありかかり付け病院へ救急搬送されたのだが、何も検査・処置されずしばらく横になり日が変わったころ自宅へ帰されたと。
お住まいの周辺地域は、病院に駆け込むにしても車で早くても30分以上。
設備や当直Drを考えると地区外もしくは隣県の病院を探さなければなりません。

母親本人は一晩経って変わったところはないが、不安を抱え生活をするのもね~
まずは検査をしてちゃんと判断をして貰いたいと本人・ご家族の願いでした。

土曜日ということもあり今からの時間を考えると午後(時間外)の受診になってしまう。
いつもお世話になっているO病院へ連絡をいれ無理を聞いていただいた。
出発前に段取りが付きこれでお迎えに行くことができました。
迎えに30分、自宅から病院まで40分。※高速道路を使って

受付後、Drの聞きとり、画像検査などを受け”問題なし”と診断していただいた。
画像を見ると何年も前の小さい脳梗塞の痕が数個あったと。
これには、ご本人もびっくりされていました。
院長先生、時間外にも関わらず時間を調整していただきありがとうございました。

県外にお住まいのご家族も鹿児島への移動も考えていたようで、まずは一安心。
母親本人も一安心。

帰りは、お腹がすいてすいてコンビニで買った”そば”でお腹を満たし安全運転で帰社しました。
私どもも一安心。

┼───────────────────────────────────────
空(鹿児島空港)の玄関口の近隣に位置する
 こぶしケアサービス | 福祉タクシー 外出支援
  お気軽にお問い合わせ下さい。
予約/問合せは、080-2783-1378
受付時間7:00-19:00
・ミニバンスロープタイプ 車いす2台、付添い2名さま乗車可能
・長距離移動も快適にご利用できます
┼───────────────────────────────────────

関連記事

  1. 2年半ぶりのご自宅へ一時外出
  2. 2017年 新年のごあいさつ
  3. 体にあたる生ぬるい風
  4. ながい一日
  5. 入室するために体温測定は必須
  6. まずは観察を
  7. ご家族の近くで療養
  8. 心配ごとが一つなくなりました

 

鹿児島県地域医療・福祉情報サイト 地域医療情報データベース せごどん

 

鹿児島医療福祉搬送協会


最近の記事

PAGE TOP