放射線治療を受けるために

姶良市内の地域医療連携室より鹿児島市内の病院へ転院搬送を承りました。
数日前に手術を受けられたお客さま。

ベッドからリクライニング車いすへ移乗され何事も無かったのですが…
病院側からも特に注意点など指示も無く。
乗車いただき走りだし暫くすると、体が左側へ傾き始め頭部も支えきれず左側へ
車を一時止め調整が出来ればいいのですが止める場所が無く、付添いのご家族にお願いし体を支えていただきました。
出発前にちゃんと確認(特に背の傾き)をしなければいけませんね。

ご家族が「お父さん、ここは○○だよ~」と声を掛けられると外を眺めお話しをされていました。
無事に目的地に到着し準備していただいた車いすへ移っていただきました。
この後、検査と治療の説明そして翌日は放射線治療を受けられる予定。

環境が激変すると本人も大変だが、付添うご家族も大変です。

┼───────────────────────────────────────
空(鹿児島空港)の玄関口の近隣に位置する
 こぶしケアサービス | 福祉タクシー 外出支援
  お気軽にお問い合わせ下さい。
予約/問合せは、080-2783-1378
受付時間7:00-19:00
・ミニバンスロープタイプ 車いす2台、付添い2名さま乗車可能
・長距離移動も快適にご利用できます
┼───────────────────────────────────────

関連記事

  1. 服薬管理について
  2. 多くの方がお待ちしていました
  3. 息子さんが母親の”手を握り”ながらの転院搬送
  4. どこからともなく姿を現す
  5. 大雨の中での転院搬送
  6. いつでも綺麗にいたい気持ち
  7. 救急外来には屋根があると云うが
  8. 桜島が見える病室からの退院です

 

鹿児島県地域医療・福祉情報サイト 地域医療情報データベース せごどん

 

鹿児島医療福祉搬送協会


最近の記事

PAGE TOP