救急外来には屋根があると云うが

姶良市内の地域医療連携室より鹿児島市内の病院へ転院搬送を承りました。
一週間前も目的地が同じところでした。

前回は、出発時お日さまギラギラだったのですが、鹿児島市内に近づくと怪しい雲が見えてきます。
「後5分待って~」
病院の入口に差しかかったところで?が降り出してきたんです。
そしてスロープを降ろしお客さまの下車準備をしているところで”土砂降り”
ここの病院、入口正面前は屋根があるのだが、車いすで移動するスロープ部分には屋根が一部ない。

あ~あ~
一時的な雨だろうと思い待っても待っても止まず。
手元に傘もない。

暫くすると、看護師さんが「救急外来の方へ回ると屋根がある」
でも先程、救急車のサイレン音が聞こえたが…
ここは信じて再び、お客さまに乗っていただき救急外来へ回ったが…
救急車が止まっているし、屋根?これは屋根と云う?
結局、濡れ濡れでお客さまを降ろす事になっちゃいました。
自身の姿は雨なのか汗なのか分からない。
何とか、看護師さん・霧島市消防局の救急隊さんにお手伝いをもらい無事終了しました。
ありがとうございました!

ここまでが、前回の出来事で。

今回は雨も降らずスムーズに行き転院を終える事ができました。
車いすの移乗時に手伝いをいただいた受付け担当の方ありがとうございました。

数年後、移転計画のある病院さん。
屋根のある私ども福祉タクシーの乗降できる場所を設計時に加えて下さい。

施設・病院からご自宅までの一時帰宅や外出の問い合わせを頂いております。
不安に感じていらっしゃる場合でも前持って現地確認などで”できる一時帰宅”や”外出”をご提案致します。

┼───────────────────────────────────────
空(鹿児島空港)の玄関口の近隣に位置する
 こぶしケアサービス | 福祉タクシー 外出支援
  お気軽にお問い合わせ下さい。
予約/問合せは、080-2783-1378
受付時間7:00-19:00
・ミニバンスロープタイプ 車いす2台、付添い2名さま乗車可能
・長距離移動も快適にご利用できます
┼───────────────────────────────────────

関連記事

  1. ご家族の慌てぶり
  2. どこからともなく姿を現す
  3. 数か月前から食欲が落ちて
  4. 横風走行注意なのに 教習車両
  5. 尿素呼気試験法はかなり息を吐きますよ
  6. 待機場所を求めて
  7. 声のボリュームを調整しましょう
  8. まずは観察を

 

鹿児島県地域医療・福祉情報サイト 地域医療情報データベース せごどん

 

鹿児島医療福祉搬送協会


最近の記事

PAGE TOP