スライドシートを使い始めて どんな感じかな?

先月末からベッドから車いすへ移乗が必要なお客さまに新しく導入したスライドシートを使用させていただいています。
最初は、使用するにあたり手間取りましたが、今はスムーズに?出来ている感じです。

使用すると分かるのですが、”滑りやすい”…
お客さまの中には、上半身を上げ両腕で体を動かそうとするとベッドに突いている手が安定しない状態があります。
動きを確認をしないと手首を痛めていしまいそうです。
それ以外は今のところ問題なさそうですが、安心せず常に注意しなければと思います。

「スライドシート取扱開始のご案内」についての説明は こちら(クリック→) スライドシート取扱開始のご案内

介助する側の負担もすくなくなったと実感しています。

以前は、ベッド上にあがり少しずつ体を移動し移乗する時間もかかっていました。
お客さまの顔を見ると…(-_-;)すみません。
体の大きなお客さまは、難しいものです。

一つひとつ、改善であります。
さて、次は何に手をつけましょうか!

施設・病院からご自宅までの一時帰宅や外出の問い合わせを頂いております。
不安に感じていらっしゃる場合でも前持って現地確認などで”できる一時帰宅”や”外出”をご提案致します。

┼───────────────────────────────────────
空(鹿児島空港)の玄関口の近隣に位置する
 こぶしケアサービス | 福祉タクシー 外出支援
  お気軽にお問い合わせ下さい。
予約/問合せは、080-2783-1378
受付時間7:00-19:00
・ミニバンスロープタイプ 車いす2台、付添い2名さま乗車可能
・長距離移動も快適にご利用できます
┼───────────────────────────────────────

関連記事

  1. 放射線治療を受けるために
  2. 思い立ったら即行動を
  3. 先生、サインは難しいな~
  4. 筆談でコミュニケーションは大丈夫
  5. やっと振込はされたのだけど… お金のトラブル
  6. 折れるのもの時間の問題か
  7. 昔いっしょにお仕事をした方と
  8. ご紹介いただけるのは、ありがたい

 

鹿児島県地域医療・福祉情報サイト 地域医療情報データベース せごどん

 

鹿児島医療福祉搬送協会


最近の記事

PAGE TOP