遠いお迎えのお仕事も多くなりました

事務所の位置する姶良市加治木町から約50キロ離れた病院
医療ソーシャルワーカーさまから依頼の連絡あり。

遠いと時間のコントロールが難しいです。
例えば、ひとつ前に依頼をいただいたお客さまの対応。
終わる時間が未定の場合など…どうしましょう~悩む場合も。
お客さまにご迷惑が掛からないようにしなければなりません。

今回は依頼のあった病院より鹿児島市内の病院へ。
最近、新館ができあがりオープンしたばかりである。

付添われたご家族から前回、利用した福祉車両のことを話されました。
「この前はいったいどこを走っているのかが分からず、また進む方向に向かい横側に座る状態でとてもきつかった」
「でも今回は揺れも無く、ゆっくりできた」とおっしゃっていただきました。

お客さまは午後から手術を受け無事に終了しそのまま入院へ
数日後、退院しお迎えにあがり乗車いただいた。
お客さまは、前回と異なり車中でご家族とにぎやかな会話が続いていました。

医療ソーシャルワーカーさまから「近くの○○病院さんから紹介していただいたんです。」

ありがたい事です。感謝!

関連記事

  1. もしよろしければ、ご一緒にお乗りになりませんか
  2. 携帯を鳴らさずにすみました
  3. 出発前に足元の確認を
  4. 緊急措置にて入院へ
  5. お互い手の温もりを感じる
  6. 思い立ったら即行動を
  7. 久しぶりの買い物へ
  8. これから要介護認定の申請を行う 大正生まれ

 

鹿児島県地域医療・福祉情報サイト 地域医療情報データベース せごどん

 

鹿児島医療福祉搬送協会


最近の記事

PAGE TOP