心配ごとが一つなくなりました

地元の皮膚科で紹介状を書いてもらい鹿児島市内の大きな病院への通院も今回で最後となりました。
今年の4月末から治療が始ったのですが、なかなか治らずすこしばかり患部が大きくなりつつあるとのこと。

この後どのようにすればいいのか、お客さまの担当ケアマネージャさんと打ち合わせ。
遠くにお住まいのご家族さまへ連絡・調整をしていただいた。

後日、ご家族さまから連絡をいただき日時の確認。
受診の前日に飛行機で鹿児島へ移動、そして翌々日にお帰りになるスケジュール。

患部を一部切開し、病理検査を2回し”問題なし”との診断結果であった。
お客さまもここ2ヵ月ほど悩んでいらっしゃったが、これで心配ごとが一つなくなりスッキリになられたのではないでしょうか?
以前の笑顔が戻り食欲モリモリ…帰りの途中、ご一緒に食事をいただきました。

ご家族さまもご一緒に乗車いただき、車内でいろんなお話しができ私どもも充実した時間でした。

離れて暮らすご家族さまには、体力もいるし交通費も必要。
今回は家族そろって食事をしたり、ゆっくりと語る時間が取れてよかったのかもしれない。

離れて暮らすご家族さまが、飛行機を利用して要介護・要支援被認定者(介護を必要とされる方)を介護する場合の特別運賃があります。特割に比べ多少運賃が高いのは難点でありますが、予約変更が可能なので利用する方からすれば使い勝手がいいのではないでしょうか。

ご利用するには幾つかの条件があります。

主に、「介護する方」と「介護を必要とされる方」の居住地の最寄り空港を結ぶ一路線限定とする。経由便の場合は、グループ便で経由する全区間に対し適用。要介護・要支援被認定者(介護を必要とされる方)の「二親等以内の親族の方」と「配偶者の兄弟姉妹の配偶者」ならびに「子の配偶者の父母」を対象に利用いただけます。

詳細は、各航空会社のホームページを参照下さい。

・JAL(日本航空)-国内線>運賃>運賃一覧>介護帰省割引

・ANA(全日空)-国内線トップ・国際線トップ>ご予約 / 旅の計画>おトクな運賃>介護割引

カレンダーも最後の一枚となりました。
施設・病院からご自宅までの一時帰宅の問い合わせを頂いております。
ただいま年末年始の一時帰宅のご予約を受付中です。080-2783-1378
不安に感じていらっしゃる場合でも前持って現地確認などで”できる一時帰宅”や”外出”をご提案致します。

┼───────────────────────────────────────
空(鹿児島空港)の玄関口の近隣に位置する
 こぶしケアサービス | 福祉タクシー 外出支援
  お気軽にお問い合わせ下さい。
予約/問合せは、080-2783-1378
受付時間7:00-19:00
・ミニバンスロープタイプ 車いす2台、付添い2名さま乗車可能
・長距離移動も快適にご利用できます
┼───────────────────────────────────────

関連記事

  1. お花が大好きなお客さまです
  2. 遠いお迎えのお仕事も多くなりました
  3. 車いすが悲鳴を上げてます!
  4. 見えないところで、お客さまは見ている
  5. 顔から汗が噴き出す
  6. 院内での付添い介助も行います
  7. 救急外来には屋根があると云うが
  8. 旅は最高のリハビリ!

 

鹿児島県地域医療・福祉情報サイト 地域医療情報データベース せごどん

 

鹿児島医療福祉搬送協会


最近の記事

PAGE TOP