顔を合わす機会が少なくなります

33キロと少し、いったい何台の車に追い越されたのだろうか?
バックミラーを見ると後ろから迫ってくる…車間距離があっと言う間に縮まり気になります。

今回は宮崎市内の病院へのお見舞いにてご利用いただきました。
久しぶりに姉妹、お会いになるとのこと。

それぞれ遠い場所に住み、移動手段が限られていると互い顔を合わす機会が少なくなります。
でも、私ども車両と少しのお手伝いで課題が解決するんです。

お隣の街からご家族とともに乗車いただき、東九州自動車道~都城市内(国道10号線)~宮崎自動車道ルートでの運行となった。
天気もよく運転のしやすい一日となりました。
途中2回休憩を入れ目的地の病院へ到着。

この日は、各地で秋のイベントが行われ帰りは都城市内で渋滞に巻き込まれました。
幹線道路の封鎖は困っちゃいます。
地元周辺であればチラシや新聞などの情報があるのですが、離れた地のイベント情報などは難しいものがあります。

復路は、お疲れになったのだろうか?お客さま、ご家族さまとも静かな中の運転でした。
ご利用いただきありがとうございました。

┼───────────────────────────────────────
空(鹿児島空港)の玄関口の近隣に位置する
 こぶしケアサービス | 福祉タクシー 外出支援
  お気軽にお問い合わせ下さい。
予約/問合せは、080-2783-1378
受付時間7:00-19:00
・ミニバンスロープタイプ 車いす2台、付添い2名さま乗車可能
・長距離移動も快適にご利用できます
┼───────────────────────────────────────

関連記事

  1. 地域の課題について 食べることは生きること その2
  2. 前からやってくる車両スピードを見極めましょう
  3. お互い手の温もりを感じる
  4. 落ちている”くり”を拾う
  5. お腹がすきました!
  6. 声のボリュームを調整しましょう
  7. まずは観察を
  8. どこからともなく姿を現す

 

鹿児島県地域医療・福祉情報サイト 地域医療情報データベース せごどん

 

鹿児島医療福祉搬送協会


最近の記事

PAGE TOP