落ちている”くり”を拾う

姶良市内の地域医療連携室より転院搬送の依頼をいただきました。
県境の地元へ3か月ぶりにお帰りになるお客さま。

バックミラーを見ると進む高速道路から見える景色を静かに眺められていました。
転院先に到着後、お礼の言葉をいただきました。
早くご自宅で過ごすことが出来るよう願ってます。

お客さまと別れ、帰途へ
道路沿いで火はさみを持ってうろうろしている方が。
何をしているんかなか~よく見ると、落ちている”くり”を拾っていらっしゃいました。
最近、朝晩はすごしやすくなった鹿児島。
山沿いの地域は下場より一層、寒暖の差があるのでしょう。

今回の送迎は高速道路を使っての移動。
高速道路でも低速運転なんでどんどん後続車両に追い越されます。
登坂車線を走っていると走行車線側に大きな落下物が…
タイヤの破損物?暫く走ると車両が停車中でした。

運転席側のタイヤ、残っているのはホイルのみ。
荷台には普通車を積んでいる自動車整備会社の車両でした。
その後、どうなったのでしょうか?
日々の点検はしっかりとですね。

┼───────────────────────────────────────
空(鹿児島空港)の玄関口の近隣に位置する
 こぶしケアサービス | 福祉タクシー 外出支援
  お気軽にお問い合わせ下さい。
予約/問合せは、080-2783-1378
受付時間7:00-19:00
・ミニバンスロープタイプ 車いす2台、付添い2名さま乗車可能
・長距離移動も快適にご利用できます
┼───────────────────────────────────────

関連記事

  1. 体調の変化にご注意を
  2. 多くのご家族と一緒にお墓参りです
  3. 転院の前日に自宅へ戻る
  4. 緊急措置にて入院へ
  5. 久しぶりに見ることができた
  6. 南国鹿児島もこの時期は寒いです
  7. 残高166円、772円、172円 お金のトラブル
  8. 救急外来には屋根があると云うが

 

鹿児島県地域医療・福祉情報サイト 地域医療情報データベース せごどん

 

鹿児島医療福祉搬送協会


最近の記事

PAGE TOP